疲れがとれない状態が続く慢性疲労症候群について

無意識

残業や無茶な仕事によって疲労感が蓄積しても、寝れば回復する、休みの日にリフレッシュすることで社会人はバランスをとっています。しかし、これが上手くいかなかったり、過度なストレスによって精神的に逼迫していたりすると慢性疲労症候群にかかってしまうことがあります。これは疲労感が6ヶ月異常変わらず続けば判断される病気であり、単純な体の疲れではなく様々な部分に異常がみられます。
慢性疲労症候群は明確にこれが原因だ、これが病気になった定義だといわれているわけではありませんが、ストレスと遺伝的な原因が大きいと確認されています。慢性疲労症候群にかかると免疫力が低下し、無気力になり、更には脳に機能障害が起こるといわれています。

単純な疲労状態は誰しもがかかりますが、これは単純に疲労物質が蓄積されている状態です。つまりは、ゆっくりと休めば回復する状態です。しかし、慢性疲労症候群の場合はなにをしても疲労感がとれない、逆に眠れない、気力や怠惰ではなく本当に起き上がれないというような症状が出てしまいます。
代表的な症状としては過度の疲労感、筋肉痛や関節痛、頭痛、喉の痛みに睡眠障害などがあり、悪化すれば脳機能障害や精神障害を併発してしまうこともあるのです。
この病気の治療にはストレスとなっている源をなくすことと、精神状態を安定指せるための投薬治療が利用されます。精神薬を利用するのが嫌な場合には、漢方を利用して対処することも可能となっています。

記事一覧

  • 危険な症状

    今日本国内でじわじわと患者数が増えている病気に慢性疲労症候群があります。これは知らず知らずのうちに体を弱らせ、大きな病気のトリガーとなってしまうこともある危険な病気です。

  • 疲労感

    疲労感や倦怠感がずっとしばらく続いていてなかなかその症状が改善されない場合には慢性疲労症候群にかかっている可能性があります。自覚症状がある人は病院での検査をお勧めします。

  • ストレス

    慢性疲労症候群になってしまう一番大きな理由としてはストレスがあると考えられています。知らない間にストレスをためてしまっているひとは日頃からなるべく発散できるように心がけましょう。